更新日 : 2021/10/01 

   件数 : 21,832件    

 TOP 

 

フォーマット

 EXCEL形式  CSV形式 
 TSV形式  JSON形式  Refworks形式 
 Refer/BibIX形式  BibTeX形式 

文字コード

 Windows(SJIS) 
 Unicode(UTF-8) 
 Unicode(UTF-16) 

項目を選択する

    表示 :  表示順 :
 
59件ヒットしました ( 1 - 20 )
検索条件   管理番号(10000705)
No.著(作)者. タイトル. 誌名・発行者. 年月. RecID
1
米道学・軽込勉・塚越剛史・久本洋子・楠本大. オーキシン処理の有無が密閉環境下でのアカマツ挿し木の根とシュートの成長に与える影響. 関東森林研究. 2021/03. 論文031414
2
米道学・軽込勉・塚越剛史・久本洋子・楠本大. Mスターコンテナを用いたアカマツ緑化苗生産の試み. 日本緑化工学会誌. 2021/02. 論文031413
3
久本洋子. 荒川河川敷におけるハチクの一斉開花枯死と生態系への影響. 竹. 2020/11. 論文031415
4
米道学・軽込勉・塚越剛史・久本洋子・楠本大. マツ材線虫病抵抗性アカマツの挿し木床環境が根系に及ぼす影響. 日本緑化工学会誌. 2020/08. 論文031412
5
米道学・塚越剛史・軽込勉・久本洋子・大森良弘・練春蘭・佐藤光彦・佐々木崇徳・松尾歩・陶山佳久・後藤晋. クロマツ×アカマツ推定雑種から得られた実生苗の耐塩性 —海岸林再生に用いる材料としての利用可能性—. 日林誌. 2020/04. 論文031242
6
Goto S, Yonemichi T, Hisamoto Y, Saito T, Hirao T, Kimura N, Fukuoka S, Ujino-Ihara T, Taneda H. Timing of bud flush and bud set of seedlings of Abies sachalinensis, Picea glehnii, and P. jezoensis transplanted to warm sites. 演習林(東大). 2020/03. 論文031240
7
米道学・軽込勉・塚越剛史・久本洋子. 穂木の処理と固定方法の異なるクロマツ・アカマツの接ぎ木の試み. 関東森林研究. 2020/02. 論文031241
8
Hisamoto Y, Pandey P. Mass flowering of Himalayacalamus falconeri (Munro) Keng f. in eastern Nepal. Bamboo Journal. 2019/09. 論文029203
9
久本洋子・大石諭・鈴木祐紀・鶴見康幸・米道学・鈴木牧. 東京大学千葉演習林におけるカメラトラップ法によるニホンジカの生息密度推定の有効性の検証. 演習林. 2019/03. 論文029204
10
米道学・軽込勉・里見重成・梁瀬桐子・久本洋子. マツの接ぎ木におけるビニールハウスの光環境が活着率に及ぼす影響. 関東森林研究. 2018/11. 論文028835
11
軽込勉・米道学・里見重成・梁瀬桐子・久本洋子. ヒメコマツにおけるさし穂サイズと発根および冬芽の関係. 関東森林研究. 2018/11. 論文029200
12
塚越剛史・米道学・軽込勉・里見重成・久本洋子. サンブスギ×地スギ人工交配家系苗へのチャアナタケモドキFomitiporia torreyae接種の試み. 関東森林研究. 2018/11. 論文029201
13
米道学・軽込勉・久本洋子・後藤晋. アカマツ・アイグロマツ挿し木苗の発根指数と吸水量および植栽後の針葉発生数と生存・枯死の関係. 日本緑化工学会誌. 2018/05. 論文029202
14
久本洋子. 高標高産トドマツの早熟性は遺伝するのか?−交配実験によって明らかにされた雌性繁殖における標高変異の遺伝的制御−. 北海道の林木育種. 2018/03. 論文028834
15
軽込勉・米道学・里見重成・梁瀬桐子・久本洋子. ヒメコマツさし木における発根時期の特定と根系の発達の促進. 演習林. 2017/11. 論文028832
16
里見重成・米道学・軽込勉・梁瀬桐子・久本洋子. キヨスミミツバツツジのさし木における穂長と発根本数の関係. 関東森林研究. 2017/11. 論文028833
17
江上浩・久本洋子・鈴木重雄・高橋幸貴・須藤智博・虻川勝宜. 稈伐採と塩素酸ナトリウム・クロレートS全面土壌散布の組み合わせによる放置竹林の効率的駆除. 森林防疫. 2017/09. 論文028149
18
Goto S, Kajiya-Kanegae H, Ishizuka W, Kitamura K, Ueno S, Hisamoto Y, Kudoh H, Yasugi M, Nagano A J, Iwata H. Genetic mapping of local adaptation along the altitudinal gradient in Abies sachalinensis. Tree Genetics & Genomes. 2017/09. 論文028151
19
Hisamoto Y, Goto S. Genetic control of altitudinal variation on early female reproduction in Abies sachalinensis revealed by a crossing experiment. Journal of Forest Research. 2017/06. 論文025963
20
久本洋子・Prava Pandey. ネパール北東部での調査報告—レッサーパンダ保全の観点から見たタケの開花と住民の利用—. 竹. 2017/06. 論文028143